都筑民家園でみつけた紫式部の実

センター北の都筑民家園。

散歩しているとなぜかホッとして、好きです。

お庭の片隅に、可愛い小さな紫の実を発見!


調べてみたら、紫式部という植物。

あの世界的な文学として知られる源氏物語の作者とされている紫式部の名前を冠した植物です。

花も楚々とした花のようですが、この紫色の小さな実はなぜか高貴な色合いで、小さくも凛として、美しいですね。

 この紫の小さな実は、ほんの少しミステリアスな雰囲気もたたえ、

どなたが名付けたか、紫式部の名称がふさわしく思えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です