京創味庵の「丹波黒グラッセ」と「和魂洋才」

京創味庵の「丹波黒グラッセ」

税理士さんから、お菓子を頂きました。




京創味庵の「丹波黒グラッセ」




甘納豆に「洋」を取り入れたスイーツです。


パッケージもおしゃれです。

 

京創味庵の「丹波黒グラッセ」
京創味庵の「丹波黒グラッセ」

原材料

袋の裏を見ると、原材料名に「黒大豆(国産)砂糖、宇治抹茶 澱粉」とあります。


黒大豆は黒豆とは品種や産地・栽培法が違い、兵庫県丹波の特産品で極大粒の高級品種だと聞きます。


圧を下げる効能もあるそうです。


素材にこだわった感じが見て取れますね。


京創味庵の「丹波黒グラッセ」
京創味庵の「丹波黒グラッセ」

京都美山の綺麗な水

パッケージには「京都美山の綺麗な水で炊き上げた 丹波黒グラッセ 抹茶」と書かれています。


京都は水がいいですから、さらに美味しさもプラス!


頂いてみると、予想を裏切らず、素材の味わいを壊さないよう上品な甘さ。


渋いお茶にも、苦いコーヒーにも合いそうです。



こだわりを守り、丁寧に、作られた感じが伝わってきます。


レンジでチンしても美味しいそうです。


京創味庵の「丹波黒グラッセ」
京創味庵の「丹波黒グラッセ」

この抹茶味のほかにも、きなこ、ココア、紅はるか、渋皮つき栗、それからシンプルに丹波黒の6種類あるそうです。

和魂洋才


今やスイーツ界は全盛期だと思うのです。

スイーツ好きは私の周りにも多く、ことに新しいスイーツに敏感です。

和魂洋才(わこんようさい)という言葉をご存知でしょうか。

日本の伝統を大切にしつつ、西洋の文化を取り入れ、両者を調和させること。



このように和菓子の世界も、新しい味わいの和菓子が注目されたりします。

「苺大福」とか「チーズ饅頭」「チョコ饅頭」とか。

その逆、洋菓子の世界にも、和を取り入れたりするものもあります。

「和栗のモンブラン」「抹茶のケーキ」「米粉のケーキ」のように・・ね。

和を失うことなく洋と融合させ、クリエイティブな感性をもって昇華させたとき、今までになかった味が生まれまれるワケです。



是非、京創味庵の「丹波黒グラッセ」を召し上がってみてください。


ヘルシーなおススメスィーツです!


ちょっとした手土産やプレゼントにも!

下記にお電話してみてください!



京創味庵



京都府南丹市美山町下新中巻5番地


TEL0771-77-5003
FAX
0771-77-5004



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です