『牛久保公園』の『ナンバンキセル』今更何を悩むのでしょう?

自然豊かな牛久保公園

横浜市営地下鉄センター北駅から500mほど北へ向かうと、丘の形状を利用した公園が見えてきます。
牛久保公園
牛久保公園です。
牛久保公園は自然の雑木林があり、小高い丘となっていて起伏もある公園です。自然豊かな自然がそのまま残された公園です。
でも歩道は整備されていて、ジョギングや散歩をするには良い公園です。子供用の遊具はなく、自然を楽しめる公園になっています
牛久保公園
公園の東は、横浜市立牛久保小学校やつづき保育園が隣接しています。
都筑区の公園では、このような休憩所をよく見ます。東屋というのでしょうか?                  ↓ 
牛久保公園

ナンバンギセル発見!

のんびり散歩トンボが飛び交い、暑さの中にも秋の気配を漂わせています。
ふと、穂をなびかせているススキを見ると、見つけました!
ナンバンキセルです。
ナンバンギセルはススキなど他の植物の根などから養分を取って寄生する寄生植物です。
自分だけでは生きていけません。寄生しないとね。。
初めて見つけました。
ぷっくりとしたガクから淡い紅紫色の花を一輪、隠れるように咲いています。
ナンバンギセル

思ひ草

万葉集では「思草(おもいぐさ)」の名前で歌があり、古く日本で親しまれていた植物なのでしょうね。

うつむきかげんに咲く花の姿ひたむきな恋を歌った美しい歌です。

道の辺()の、尾花(をばな)が下の、思ひ草、今さらさらに、何をか思はむ?
                                 (詠み人知らず)
今更何を悩むのでしょう?もう悩むものですか。。と言ってます。

“『牛久保公園』の『ナンバンキセル』今更何を悩むのでしょう?” への1件の返信

コメントを残す