センター南の港北TOKYU S.C.1階のラ・セゾン・デ・パンのフランスパン

昨年201510月に、センター南の港北TOKYU S.C.1階にオープンした、パン屋さん  BOULANGERIE La Saisondes Pains(ラ・セゾン・デ・パン)

前から行きたかったんですが、なかなか近くて遠い。。。笑

やっと行きました。(^’^)

フランス産小麦粉と自家天然酵母を使った伝統的フランス・パンのお店だそうです。

確かに、ハード系のパンが多いです。

ソフトなパンもあります。

お店の奥には、イートインスペースもあります。

200円くらいでコーヒーを飲みながら、パンを楽しめます

私はハード系のパンにどうしても引き付けられ、今日のランチも、こんな二種類を選んでしまいました

パン オ ミルティーユ 200円 価格も程よく買いやすいのがうれしいですね。

ブルーベリーのたっぷり入ったフランスパンです。

たっぷり、練りこんであります。

パン オ フィグ 200円

ドライイチジクの入ったパン 。

ドライフルーツが好きなので思わず手が伸びます。

きゃ~、ドライイチジク、ゴロゴロ入って。プチプチ食感が楽しい。

どちらも、ドライフルーツの自然な甘みがフランスパンに馴染みます。

クラムは、しっとり。もっちり。クラストは引きが強い。

ほんのり塩味が程よく、小麦粉の甘味を引き立てます。

コメントを残す