山崎公園のヘラブナ釣り

山崎公園の休日はのどかです。
静かな時間が流れています。
釣りの常連さん達には、言わば「マイ釣り座」があるようです。
どこからともなく、それを出してきてセッティングして、おもむろに釣りを始めます。
山崎の池使用ルールという立て看板があります。
こんなお魚が釣れるんです。
大きいのがヘラブナ、【釣りはフナに始まりフナに終わる】…んだそうです
そして下の方の小さいのが…ちょっと見にくい…と思ったら手のひらに乗せて見せてくださいました。
タナゴ…きらきら鱗が光ってます。
ヘラブナ釣りは
非常に奥が深く、難しいんだそうです。
釣っては返す…「キャッチ・アンド・リリース」?しています。
釣る過程を楽しんでいるんですね。
それが釣りの哲学なんだね。

“山崎公園のヘラブナ釣り” への1件の返信

コメントを残す