花屋の店先、紫陽花

早いもので、桜を追いかけていたのはついこの間のはずなのに
センター北あいたいの花屋さんに紫陽花の花が並んでいました。
 
土壌のpH(酸性度)によっても、開花から日を経ることによっても、花の色は変化する。
花言葉が、移り気・七変化など
純白のアジサイが、徐々にピンクやブルーに染まっていったりする様子は美しく、梅雨時のどんより雨空に光がさすように、ぱ~っと華やぐ。。
「富士には月見草、あじさいには雨がよく似合う」といったのは太宰治でしたっけ?
 青春の甘美さ、苦渋にみちた青春に満ちた太宰文学に、雨に濡れた紫陽花はよく似合う。
 
雨のしずくがよく似合う花って、ほかには見当たらない。
 春・夏・秋・冬季節は巡ります。
私たちは季節に寄り添って生きているんだね。
 
悲しいことがあっても、また夜が明けて陽が昇り、風が吹き、花が咲き
 大いなる自然の摂理に身をゆだねようね。

 きっといいことが待っている。

庭に紫陽花を挿し木したら
結構な巨木(?)になりました。
お試しあれ!

“花屋の店先、紫陽花” への3件の返信

  1. 母の日ちかくになるといろんなお花がお花屋さんにならびますね?
    紫陽花もメインのお花の一つになっているようで、
    いろんな種類や色があって、本当に綺麗です?
    雨とかたつむりが良く似合います

  2. もう、紫陽花なんですね^^*
    色とりどりで綺麗?♪
    中々、花散歩に行けてなくて、紫陽花は見に行きたいなぁ?
    どこが良いかな?
    公園巡りしたいです(^_-)-☆
    ポチ凸

コメントを残す