正覚寺のトイレ「紫陽花処」

トイレは、今昔によって様々、国によっても様々です。
古き日本でも呼び名は
厠 (かわや)
閑所(かんじょ)
ご不浄(ごふじょう)
憚 (はばかり)
山(やま)等々
それぞれの呼び名は美しく、いわれもあります。
でもこのような、トイレの呼び名も今は死語になりつつあります。
今日のご紹介は何度かご紹介している都筑区の花の寺「正覚寺」さんのトイレです。
正覚寺さんの駐車場にこのようなトイレがあります。小さなお家のようなトイレ
「便所」とは書いてないその名も美しい紫陽花処(あじさいどころ)
 男女の標識もレトロな感じ今ならこれだけどね!
 
こんな縁台も有ります。
中は和式です(もちろん水洗)
現代のトイレは日々進化してい ますね!
さらに、機能的で、清潔で、美しく
去年は『トイレの神様』という歌もヒットしたね
トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
正覚寺さんのトイレもピカピカでした
紫陽花処とかかれた、
レトロなトイレに何故かホッ和みました。

“正覚寺のトイレ「紫陽花処」” への2件の返信

コメントを残す