ラデュレの「サブレ・ノワゼット」と女性脳

店舗をご契約のお客様にラデュレの「サブレ・ノワゼット」を頂きました。
サブレ・ノアゼットヘーゼルナッツがたっぷり、香ばしく、シナモンの香りもふわっと、大切に味わいたい上質のサブレです。
大人の味。。女心をつかんで離さないようなお菓子です。
おそらく、お値段お高め!
 
容器はケーキやマカロンがちりばめられた模様が可愛らしく、食べた後も捨てがたい
1862年創業のパリのシャンゼリゼ通りにある老舗パティスリー「LADUREE(ラデュレ)」。
中でもマカロンはその美味しさから世界中にファンを持つほどです。
ちなみに映画『マリー・アントワネット』の中のお菓子はラデュレのお菓子だそうです。
要チェックだわ!
 
感性分析によると、脳は糖分をエネルギー源としていることから、スイーツを食べると脳が直接喜ぶ効果があるそうです。
特に女性脳はスイーツを食べると、快感中枢が刺激され、快感ホルモンが分泌され、ストレスや痛みが飛んでゆく効果があるんだって。。
だから
寂しい時、疲れた時、心満たされない時
失恋した時
甘いものが食べたくなる
特に、おしゃれなスイーツがね!
心当たりあるでしょう??

 

“ラデュレの「サブレ・ノワゼット」と女性脳” への1件の返信

  1. こんばんわ
    美味しそーだな
    マリーアントワネットの「パンが食べられないならお菓子を食べたらいいのに」のお菓子はマカロンらしいです
    ぽちりん☆(*^_^*)

コメントを残す