センター北、都筑民家園の青い柿をみて想うこと

季節は廻って

大塚歳勝土遺跡公園片隅にある都筑民家園。

敷地、一角は畑になっていて、キュウリやトマトが植えられています。

 

民家の前には大きな柿の木が数本。

秋の風物詩の柿が、梅雨も明けていない季節に、もうこんなにしっかりと実をつけているんですね!!

季節は忘れずにやってきます。

地球は1日に一回転(自転)して、さらに地球は、太陽の周りを1年かけて一周(公転)する。

さらにさらに、地球の地軸が傾いているから季節が作り出されるといいます。

私たちが日々意識していないところでいろんなことが起きている。

 

つばめが、先週、北の国へ渡っていったこと。

こうして秋に向かって、果実も人知れず膨らんでいること。

植物も虫も動物も、一生懸命生きていること。

ほら、私の足元にセミの抜け殻が落ちていること。

 

生きとし生けるもの全てが、この季節の中で、生まれ、育って、巡っているのですね。

そんなことを想いながら、お散歩しました。
あっ、洋梨も・・・。(@_@)

 

 

コメントを残す